通販で買えるエストロモンとプレモン・プレマリンの違い

10月 30, 2019

\90秒で注文完了/エストロモンの購入はこちら
加齢とともに分泌量の減っていく女性ホルモンを補うには、外部から女性ホルモンを取り込むという方法があります。

それまで存在していた女性ホルモンがなくなるとホルモンバランスの状態が変わり、変化に適応できなくなることで更年期障害が起こります。

女性ホルモンを含んで作られたエストロモンは、更年期障害の改善に用いられる薬です。

更年期障害は精神に余裕がなくなるだけでなく、発熱や発汗、のぼせ状態など体への症状も見られます。エストロモンで女性ホルモンを補えばこのような症状も落ち着き、更年期障害の苦悩を軽減できます。

更年期障害はそのままにしておくと、約10年にわたって症状が続きます。更年期障害は女性のほとんどが通るであろう道です。医薬品に頼って改善を目指すのは、何も珍しいことではありません。

エストロモンを始めとした女性ホルモンのための医薬品で、更年期障害への恐れを克服しましょう。

通販で買えるエストロモンとプレモン・プレマリンにはどんな違いがあるのか

エストロモンの他にも、女性ホルモンを体に取り込むための薬はいくつか作られています。

そもそもエストロモンは、プレマリンという女性ホルモン剤を基に作られたジェネリック医薬品です。

エストロモンの基になったプレマリンは、新薬の女性ホルモンとして世界中で処方されています。日本でも例外ではありません。

実はプレマリンのジェネリック医薬品は、エストロモンの他にもいくつか存在しています。そのうちの1つにプレモンがあります。

ジェネリック医薬品のエストロモン、プレモン、そして2つの新薬にあたるプレマリン。この3つには、どのような違いがあるのでしょうか?

ジェネリック医薬品について

まず最初に、ジェネリック医薬品について説明します。

ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ有効成分を配合して、新薬と同じ効能を持つように作られた医薬品のことです。

新薬は製薬会社などにより、長い研究や実験を積み重ねて作られ、安全性や品質を国に認められることで初めて販売が認められます。そこに至るまでには、多くの開発費がかかっています。

もし、症状に対して同じ効果を発揮する新薬とジェネリック医薬品の2つが販売されていれば、半数以上の人はできるだけ安いジェネリック医薬品を選ぶことになるでしょう。そうすると、新薬を開発した製薬会社は開発費用を取り戻せず、マイナスのままになってしまいます。

そこで、製薬会社を支えるために特許期間というものが定められています。

特許期間の間は、その新薬のジェネリック医薬品を開発したり、新薬と同じような薬を無断で開発するのは禁止になります。そのため、新薬を開発した製薬会社に利益が回るようになるのです。

この特許期間を経て、新薬より遅れてジェネリック医薬品が誕生します。

ジェネリック医薬品は開発コストの少なさから、新薬より安く販売されます。

そのためジェネリック医薬品は医療費の削減になり、多くの人が購入しやすいというメリットにつながります。

ジェネリック医薬品は、世界中の医療現場で普及が広がり続けています。今後の医療環境のためにも、ジェネリック医薬品は必要なのです。

違い1・開発会社

・エストロモンの開発会社:Standard Chem.&Phaema社

・プレモンの開発会社:West-Coast Pharmaceutical Works Ltd社

・プレマリンの開発会社:Pfizer社

いずれの開発会社もシンガポール・インドに存在している製薬会社です。

それぞれ公式サイトもあるため、信頼性が高いと考えられます。

違い2・成分量

・エストロモン…1錠あたりエストロゲンが0.625mg

・プレモン…1錠あたりエストロゲンが0.625mgと1.25mgの2種類

・プレマリン…1錠あたりエストロゲンが0.625mg

プレモンのみ2種類の成分量が作られているので、使用する時は注意が必要です。

一度に多めの女性ホルモンを服用することが多い人は、プレモンの1.25mgタイプの錠剤を購入すると、服用を1錠で済ませることができて楽かもしれません。

違い3・購入方法

・エストロモン…通販のみ

・プレモン…通販のみ

・プレマリン…病院で処方される。通販もあり

ジェネリック医薬品のエストロモンとプレマリンは通販でしか購入できませんが、プレマリンは病院でも通販でも購入が可能です。

通販の配送を待てないという時は、病院で処方を希望するとその日のうちに購入できます。

ただし、病院に行く時間を確保する必要があるので注意しましょう。

同じ・成分と効果

エストロモン・プレモン・プレマリンいずれも有効成分にはエストロゲンが配合されています。

そのため、3つとも同じ効果に期待ができます。

まとめ

エストロモンのイメージジェネリック医薬品のエストロモン、プレモン、そしてこれらの新薬であるプレマリン。3つの違いは主に以下のとおりです。

・開発会社

・成分量

・購入方法

この違いのどのあたりを重視し、どれを選ぶのかは人によって変わってくるかと思います。

自分の使いやすそうなものを選び、更年期障害を迎え撃ってください。

エストロモンの購入はこちら