中性化を目指す男性へ!エストロモン通販のお役立ち情報

10月 30, 2019

\90秒で注文完了/エストロモンの購入はこちら
女性になりたい男性減少してしまった女性ホルモンによって、多くの女性を悩ませることになる更年期障害。

そんな時は、女性ホルモンを人工的に摂取して女性ホルモンを安定させることで、更年期障害を改善に導くホルモン剤『エストロモン』が活躍します。

エストロモンには、エストロゲンという女性ホルモンが配合されています。

女性の体におけるエストロゲンの役割は幅広く、くびれや乳房などの体の膨らみや髪・肌をきれいに保ったり、さらに月経や妊娠にも深く関わっています。

このように、エストロゲンは女性の体にとって重要なものです。エストロモンは、エストロゲンがなくなってバランスを崩した女性の体に浸透して、女性ホルモンのバランスを整えるというのが本来の使用目的です。

通販で買えるエストロモンは男性の中性化にも役立てられる

購入する男性ですが、エストロモンの効能は女性だけではなく、男性にも需要があります。

もともと、エストロゲンは男性の体にも少量ですが存在しています。ホルモン量には個人差がありますが、男性の体に吸収されても害になる成分ではないということは事実です。

実は、女性化を希望する男性にとっても、エストロゲンは重要なホルモンです。男性の女性化にはさまざまな方法がありますが、いずれの方法でも「女性ホルモン(エストロゲン)をどのように体内に取り込むか」という点が肝になります。

つまり、エストロモンを男性が服用すれば、女性化の効果を得ることが可能になるのです。

男性として生を受けながらも女性化を目指す人はMtF(トランス女性)と呼ばれます。

近年は性別の自由化が進み、MtFやFtMといった存在が少しずつですが見られるようになってきました。

また脱毛したり、体のラインや服装を意識して中性化を目指す男性も増加の傾向にあります。

男性から中性化、そして女性化へ。

中性化、または完全な女性化を望む男性の体に、エストロモンはどこまで効果を発揮するのでしょうか。

そして、最も効率よく女性化を叶えるためにはどの方法が適切なのでしょうか。

通販で買えるエストロモンが中性化に発揮する力

男性が中性化、女性化を実現するにはいくつか方法があります。

・ホルモン剤

錠剤やサプリメントという形で、女性ホルモンを人工的に取り込みます。

エストロモンもこの方法に含まれます。

・塗り薬、貼り薬

女性ホルモンを配合したクリームやシール、シートなどを体に付けて内部まで浸透させる方法です。

・注射

女性ホルモンを、注射で定期的に体内へ取り込みます。美容クリニックなどで受けることができます。

・外科手術

胸や喉など、見た目に女性化のための変化を起こします。

女性ホルモンによって女性化が進むとどうなるのか

購入する男性エストロモンを始め、女性ホルモンを体内に取り込む方法で行われる女性化は、体への変化が比較的にゆっくり訪れます。自分の理想のラインの女性化に到達するまで、女性ホルモンの摂取を継続させることが大切です。

女性ホルモンを取り込み続けることで、男性の体には次のような変化が現れるようになります。

・体のラインが丸くなる

・筋肉が減少する

・ヒゲやすね毛が生えにくくなり、体毛が薄くなる

・肌や髪の毛が綺麗になる

・胸が少し膨らむ

・男性器の機能が低下する

通販で買えるエストロモンと美容整形、女性化におすすめなのは?

男性が女性化を望んでいた時はどちらが効率的でおすすめなのか、エストロモンと美容整形を比較してみました。

エストロモンによる女性化

いわゆるホルモン剤による女性化です。女性ホルモンを続けて摂取して行います。

エストロモンには、1錠あたり0.625mgのエストロゲンが配合されています。

病院では新薬のプレマリンが処方されていますが、ジェネリック医薬品であるエストロモンは国内では未承認の薬です。そのため、通販を使っての購入になります。

メリット

・価格が安いので、金銭的に無理なく続けやすい

・家にいても購入できるので、誰かに知られる心配がない

・少しずつの作用なので、体への負担が少ない

デメリット

・ある程度までは期待できるが、完全な女性化は難しい

・副作用のリスクがある

美容整形による女性化

美容整形外科に行けば、女性化のための治療を行ってもらえます。

女性ホルモンは注射で取り込むことが多く、この注射は月に2回ほど通院して受ける必要があります。

女性ホルモンを取り込むほか、外科手術を受けることができます。

外科手術では豊胸だけでなく、声帯を調節したり、喉仏を小さくするなどの施術があります。

そして、最終段階では性別適合手術といって、性器を切除する手術を受ける選択肢が出てきます。

メリット

・完全な女性化を目指せる

・薬よりも注射の方が、ホルモン剤の吸収は確実

デメリット

・ホルモン注射代、手術費が高い

・通院が必要になる

通販で買えるエストロモンで女性化を目指す時の注意点

エストロモンのイメージ実際にエストロモンで女性化を目指す前に、忘れてはいけない注意点がいくつかあります。

エストロモンを使用する時は以下のことを覚えておいてください。

重い副作用のリスクが潜む

エストロモンを使い続けると、心筋梗塞や血栓症など重い副作用のリスクが高まります。

これは、ホルモン剤によって血液の濃度が高まり、血管内に血液が詰まりやすくなることで起こる症状です。

血液が詰まるのを防ぐために、定期的に水分補給をしたり、同じ体勢で長時間いないようにしましょう。

一度女性化すると元に戻らない

エストロモンでも、エストロモン以外の女性化の方法でも、一度女性化に近づいた体は元の状態に戻せません。このことを理解した上で、女性化を希望しなければいけません。

エストロモンの購入はこちら