エストロモンで改善する辛い更年期障害って何?

2月 27, 2019

辛い思いをする女性更年期障害は多くの女性が悩む悩みの一つ。

そんな更年期障害は一体なぜ発症してしまうのでしょうか?ここでは、エストロモンで改善することができる

更年期障害について、紹介していきます。

更年期障害になぜなってしまうのかを把握することによって、エストロモンがなぜ更年期障害の改善に役立つのかが理解できます。

 

更年期障害になってしまう理由って?

辛い思いをする女性多くの女性が悩んでいる更年期障害。

この更年期障害に悩む女性の特徴としてあるのが、更年期障害に悩む人が多いのが50代以上の女性であるという事。

年齢を重ねることで、更年期障害になりやすくなっています。

なぜ、50代以上の女性に更年期障害が多いのか?

そもそもの、更年期障害という名前にも入っている「更年期」というのがキーポイントになります。

更年期とはそもそも、女性が閉経する前後5年程を併せて更年期と呼びます。

日本人女性の平均的な平均閉経年齢というのは50歳です。

50歳で閉経した人の場合は、50歳の前後5年なので、45歳~55歳の10年間が更年期と呼ばれます。

当然、閉経する年齢は人によっても変わるので平均年齢よりも早く閉経した場合は、早まった分だけ更年期の始まりも早くなりますし

遅く閉経した場合は、更年期も遅くなります。

 

閉経によってどういった変化が起きるのか?

閉経とは、月経が完全に停止したことを指します。

毎月の生理が起こることで子供を産むための準備を体内で行っていますが、それが完全になくなってしまいます。

生理がなくなることで、生理痛などの悩みは解消されるかもしれませんが、卵巣から分泌される女性ホルモンの生成もストップしてしまうため

ホルモンバランスが生理があった頃と閉経後では全く違うものになってしまいます。

 

このホルモンバランスが大きく変化することによって、体に様々な症状があらわれるのが「更年期障害」と呼ばれる症状になります。

 

更年期障害で発生する色んな症状

調べる女性更年期障害になると、さまざまな症状があらわれます。

症状の種類は非常に多く、またなる人によってあらわれる症状が違ったりもします。

ですから、ある女性は発汗や冷えなどの症状が出るけど、それ以外は全くでないのに別の女性は頭痛やめまいが酷く発汗などは全く出ないということもあるわけです。

 

人によって発症する症状が違い、その種類も多いので更年期障害でどういった症状が出るのかを適切に把握しておくことで

更年期障害の早期発見が可能となります。

一気に強く症状が出てガタッと体調を崩す方もいますし、徐々に出てくる方もいます。

軽い頭痛がする。少し息切れすることが増えた。そんな軽い症状しかない場合、更年期障害であると判断することは基本的には無理でしょう。

単純に体調が悪いだけという事もありますし、そもそも更年期症状の詳しい症状が分からないという場合もあります。

更年期障害の症状は大きく6パターンに分類できるので、それぞれのパターン別に症状を知っておきましょう。

精神神経系

精神、神経系の主な症状は頭痛や眩暈、耳鳴りなどがあります。

また、判断力や集中力の低下や鬱症状、不安感の増加や不眠なども症状もあります。

基本的に、頭部や精神に対して症状があらわれます。

 

皮膚・分泌系

皮膚・分泌系の症状は皮膚の乾燥や湿疹の他に、ドライアイや口の渇きといった症状があります。

乾燥したり、湿疹があったりと表面部分での変化の他に、ドライマウスといった口の中の渇きといった部分にも症状がでます。

 

運動器官系

運動期間系の症状は、腰や肩、関節などの痛みが主な症状になります。

 

血管運動神経系

血管運動神経系に起きる症状は、血流に関したことが多いです。

身体や顔の火照りやのぼせ、発汗や動機といった症状があらわれます。

身体が熱くなるだけでなく、冷えや息切れといった症状もあります。

 

泌尿器系

頻尿や尿失禁、残尿感などの症状があります。

他に、外陰掻痒症や性器下垂感といった特徴のある症状もあります。

 

消化器官系

消化器系の症状で一番多いのは、食欲不振です。

食欲に問題が無くとも、下痢や便秘といった症状で現れる場合もありますし、吐き気として出てくる場合もあります。

また、腹部の膨満感が強くなったりすることもあるので、そうした場合も更年期障害の疑いがあります。

 

前述のとおり、それぞれのパターンのうちどれか一つだけ症状が出ることもあれば

酷い場合は、一度に全ての症状が出るなんて言うことも。更年期障害の度合いはそれほど人によって変わってくるので

自分が更年期かもしれないと思ったときは一度婦人科などで診察を受けてみるのも一つです。

急に症状が強くなったりあらわれることもあるので、十分に注意しておきましょう。

 

エストロモン通販まとめ

エストロモンのイメージ通販を利用すれば誰でも手軽にエストロモンを購入できます。

ただし、通販サイトによって価格も違えばサービスも違うので、しっかり比較して自分が良いと思ったところを利用しましょう

 

エストロモンの購入はこちら